Thryving

データ分析にもっと価値を、繫栄を

だれもがデータ分析に価値を感じ、
データに基づく意思決定やコミュニケーションを
実現する
拡張対話BIプラットフォーム。

ABOUTThryving(スライビング)とは

誰もがデータを
使いこなせる
環境を整備する

誰もがデータを有効活用して意思決定できる環境の整備による繁栄(thriving[θráiviŋ] = 繁栄している、盛んな)を目指して開発した
拡張対話 BI プラットフォームです。

データ分析の担当者だけでなく、これまでにデータ分析に
携わったことのない方にも使いやすい、データを見つけやすい
分析したデータからの示唆を深堀りしやすいをコンセプトに開発しました。

「Thryving」の導入により、社内にデータを使いこなせる人材を増やし、
企業のデータドリブン経営の推進に貢献します。

SOLUTION価値・機能

データ活用が進まない。
そんな貴社に朗報です。

顧客のニーズや行動の多様化により、企業活動の打ち手は複雑化。
より効果的な企業活動に取り組むため、自社データの分析結果を有効活用することが必要に。

企業が抱える課題

  • 01時間を取られる

    欲しいデータを探し集計するためだけに、ものすごく時間と労力がかかってしまっている。

  • 02打ち手を考察できない

    データ分析からビジネス価値を創出できず、形骸化してしまっている。

  • 03DX人材の不足

    データ活用ができる人材が限られ、DXを目指す組織のアジリティが下がってしまっている。

Thryvingならデータ活用が進みます。

  • 日本語検索で欲しいデータを
    すぐに取得できる。

    ノーコード(日本語検索)で欲しいデータを入カすると、AIアシスタントによって膨大なデータから瞬時に検索され、最適なグラフの作成が行われます。

  • ユーザーごとに見るべきデータを
    レコメンド

    データ分析の目的に応じて見るべきデータをAIアシスタントが教えてくれるので、これまで積極的にデータを見なかったスタッフでも、自ら打ち手を考えられるようになります。

  • データから読み取れる示唆をAIが自動明示

    可視化したデータから読み取るべき示唆をAIアシスタントが自動で明示することで、誰でもデータ活用が行えるようになります。

  • Thryvingによるデータ活用イメージ図

FLOW導入ステップ

  • 01お問い合わせ

    こちらからお問い合わせください。

  • 02課題ヒアリング・PoCのご提案

    業務内容・現場の課題・保存されているデータやシステムをお伺いし、お客様の環境にあったご提案をいたします。

  • 03お見積り

    お客様の環境にあったご提案に沿って、お見積りをご提示します。

  • 04接続検証

    データベースとの接続を行い、簡単な分析を行います。分析結果や想定コストなどを算出することができます。

  • 05ご利用開始

    接続検証が終わると、ご利用を開始していただけます。

CONTACT FORMお問い合わせ

以下の項目を入力いただき「確認」ボタンを押してください。

オレンジの枠で囲まれてる内容をご確認ください。

名前(必須)
会社名(必須)
部署(必須)
役職(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
お問い合わせ内容(必須)
お問い合わせ詳細